U-ROOM

menu

よくあるご質問

ミオンパシーサロン「UROOM」によくお問い合わせいただく内容を、Q&A集としてまとめております。
ミオンパシーや施術方法についてのご質問などに、ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。

施術は痛いですか?

痛くありません。当サロンの施術は筋肉をストレッチのように伸ばしたり、マッサージのようにもむような刺激を与えることはありません。筋肉が緩む姿勢を90秒間維持するだけです。また、痛みがでる姿勢をとることもありませんのでご安心ください。

施術のために何回くらい通う必要がありますか?

根本原因を改善するためには時間がかかるのも事実です。体質によっては1回で劇的な改善をされる方も見受けますが、一般的には痛みが出ている部位、筋肉のロックの重度によって月1回来院いただきながら半年くらいかけて徐々に改善していくイメージです。この間セルフミオンパシーを習慣化されたり、生活習慣を見直しなされば改善への時間も短縮できると考えております。

施術を受けた日のお酒やお風呂は控えるべきでしょうか?

ご自身にとってリラックするできることは積極的におこなってください。ミオンパシーにやってはいけないことは特にありません。

マッサージやストレッチを行ってもかまわないですか?

マッサージには疲労物質を流し、ストレッチには適切な実施により可動域を広げる効果があります。しかし、筋肉がロック(拘縮)したことで慢性痛を発症している場合は、強いマッサージや痛みがでるような無理なストレッチは逆効果になってしまいます。筋肉がさらにきつくロックしてしまい痛みが悪化することがあります。

1単位の施術はなぜ90秒なのですか?

90秒には意味があります。オステオパシーという手技療法のなかの「ストレイン・カウンター・ストレイン」の技法のデータにより、90秒間筋肉を緩めて変化がなければ、それ以上緩めても変化しないということがわかっています。筋肉のロックがきつい方は120秒ほど緩める姿勢を維持する場合もありますが、これはセラピストがお客さまの症状や体質によって都度微調整させていただいています。

筋肉痛のときに施術を受けてもかまわないですか?

問題ございません。ミオンパシーは筋肉痛を改善するものではありませんが、筋肉がやわらかくなるので、血行が促進され疲労物質が流れやすくなり、回復が早くなる場合があります。

ぎっくり腰を発症しているときに施術を受けてもかまわないですか?

発症後、炎症が治るまでは安静にしていただくのがベターです。炎症時の施術は炎症を悪化させる可能性もあるため、発症から3日から1週間ほど経過したのち、炎症が治ってから無理ない程度にミオンパシーを施せば回復が早くなり、再発の予防に効果があります。

セルフミオンパシーとのちがいは何ですか?

セルフミオンパシーには日々のセルフケアとしてリフレッシュの効果があります。しかし、症状が重い方、痛みが慢性化している方は一つの筋肉を緩めてもまたすぐに再ロックしてしまう可能性が高いです。こうした方は、根本原因を見立てて計画的な改善方法を実施する必要があります。プロのセラピストに根本原因の改善についてご相談ください。プロのセラピストの施術とご自身でのセルフミオンパシーとのコラボレーションで根本原因の改善への道のりは明るくなります。

page top