U-ROOM

menu

ミオンパシーで、四十肩・五十肩を改善する

こんな痛みはありませんか?

シャツを着るとき肩が痛む

腕を後ろに動かした時の痛みは
大胸筋のロックが原因です

腕が上がらない

肩こりや首痛と同じく
広背筋や僧帽筋のロックが原因です

腕や肩の可動域を制限する三角筋のロック

俗に四十肩、五十肩と言われる腕が上がらない方は、肩甲骨に付着している筋肉群と肩の三角筋がロックしており可動域が極端に制限されています。経年劣化ではないですが、長年にわたり筋肉のロックが蓄積されて徐々に可動域が狭くなっていきた影響です。三角筋は僧帽筋の付着位置とほぼ一致しており、僧帽筋が肩甲骨を固定しているとき、上腕を外転させます。前部、中部、後部からなっておりそれぞれ働きが違います。三角筋を緩めるのと同時に、腕が後ろに動かせないときは前側の大胸筋を緩めます。腕が上がらないときは、首痛や肩こりと同じく広背筋や僧帽筋がひどくロックされています。広背筋は背骨と骨盤、肋骨と肩甲骨、上腕骨までをつなぐ背中ではもっとも面積の大きい筋肉です。腕や肩の動きに関係するので、しっかりロックを解除して三角筋の働き改善させます。肩関節は関節を多方向に動かすことができるよう、付着する筋肉の数が多い部位です。そのため、改善までの施術回数と時間が必要になる部位でもあります。

四十肩・五十肩の施術部位
三角筋、広背筋、大胸筋、僧帽筋

GET BETTER CASE

ミオンパシーサロンUROOM(ゆーるーむ)で四十肩・五十肩を改善された方の代表的な事例をご紹介します。

シャツを着ようとした時に、突然の痛みが...

シャツを着ようとした時に、突然の痛みが

48歳になってすぐの頃でしたか、ある日突然肩が痛くて腕があがらなくなりました。まさかこれが五十肩か?と思い病院にいきました。案の定、五十肩と診断され物理療法を指示されました。腕を引っ張られると痛いのですが、治療だから仕方がないと思い我慢して数回通いましたがなかなかよくなりませんでした。たまたま職場の同僚が五十肩を治したという話をしているのを聞き、相談してみるとミオンパシー整体術を勧められました。経験者の話がとても参考になったので期待していってみると、期待以上の効果がありました。最初の施術から肩が上がるようになり、本当にびっくりしました。(48歳・男性)

症状
肩が痛く腕が上がらない
改善までの施術時間
合計 9時間
(90分×6回)

ミオンパシーで四十肩・五十肩を改善された方々の声

(※「免責事項」お客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。)

page top