U-ROOM

menu

ミオンパシーで、椎間板ヘルニア / 脊柱管狭窄症を改善する

こんな痛みはありませんか?

椅子から立ち上がるのが辛い

大腰筋と大腿筋膜張筋のロックが
立ち上がる時の痛みの原因です

足先にかけてしびれがある

飛び出した椎間板が末梢神経を
圧迫しているわけではありません

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄が腰や首の痛みの原因ではありません

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄は構造異常であって、それ自体が腰や首の痛みの原因ではありません。常識のように扱われている「飛び出した椎間板が末梢神経を圧迫して痺れをともなう痛みを発症する」や「脊髄神経の通り道である脊柱管が狭くなってしまい神経を圧迫して痺れや痛みを発症する」という理論に科学的根拠はありません。
腰や首の痛みの原因は、腰部は主に大腰筋、大腿直筋や大腿筋膜張筋、頸部は大胸筋、胸鎖乳突筋や僧帽筋が極度にロックしているからです。重度により多少お時間はかかりますがミオンパシーで継続的に筋肉のロックを解除していけば痛みは緩和します。一部特殊な症例を除けば、手術をせずに保存療法で発症前と同じようにスポーツを楽しむまでに改善することも十分可能です。

飛び出した椎間板が末梢神経を圧迫して痛みを発症する!?

これは本当でしょうか?手術の成功率は?手術しても再発したり痛みがなくならない人が多いのはなぜでしょうか?

“手術する前に”ぜひ一度当サロンにご相談ください。大腰筋を中心に大腿直筋、大腿筋膜張筋にミオンパシーを施し筋肉のロックを解除し緩めていきます。痛みが緩和し、前側の筋肉のやわらかさが戻れば腰を反らすことができるようになります。次に腰方形筋、広背筋、起立筋など背中側の筋肉も緩めていきます。筋肉のロックの状態によっては施術回数が増える場合もございますが、痛みの緩和状況や筋肉の可動域の変化を施術レポートで共有しながら改善に向けて一緒に進んでいきましょう。

関連情報:加茂整形外科医院ブログ
http://www.tvk.ne.jp/~junkamo/
加茂 淳(かも じゅん)
整形外科医、医学博士。加茂整形外科医院院長。筋筋膜性疼痛症候群(MPS)研究会名誉会長。

椎間板ヘルニア / 脊柱管狭窄症の施術部位
大腰筋、大腿直筋、大腿筋膜張筋

GET BETTER CASE

ミオンパシーサロンUROOM(ゆーるーむ)で椎間板ヘルニアでも腰痛を改善された方の代表的な事例をご紹介します。

椎間板ヘルニアとの診断で、趣味の草野球を諦めていたが...

幼少期から野球をやってきました。社会人になって生活環境が変わったためか25歳頃生まれてはじめてぎっくり腰になりました。整形外科でMRIを撮ると椎間板ヘルニアとはっきりわかる映像でした。それからは腰痛がひどい時期とそれほどでもない時期の繰り返しで10年以上経ちました。痛みがひどい時は趣味の野球さえやる気がおきないほどです。病院の先生には、「手術するほどではないからうまくつきあっていくしかない」と言われていましたが、このまま歳をとったらどうなってしまうのだろうと思うようになり真剣に治療を考えました。そんな時、偶然インターネットでミオンパシー整体術を見つけました。半信半疑で試してみたらみるみる痛みが減っていきました。まだ時々腰は痛みますが、自分でできるセルフミオンパシーとサロンでセラピストさんにお願いする施術の併用でいつもリフレッシュしています。椎間板ヘルニアは治っていないのでしょうが、患っていることを忘れてしまうくらい草野球を楽しめるようになりました。

症状
慢性的な腰痛
改善までの施術時間
定期的に月1回60分を1年間

ミオンパシーで椎間板ヘルニアを改善された方々の声

(※「免責事項」お客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。)

page top