U-ROOM

menu

ミオンパシーとは

U-ROOM

ミオンパシーとは、ギリシャ語の「筋肉(ミオン)」と「療法(パシー)」を組み合わせた造語で、「筋肉療法」という意味です。ミオンパシーのベースには、アメリカでは医療として認められている手技療法の「オステオパシー」があります。このオステオパシーのうち、「ストレイン・カウンター・ストレイン」という技法がミオンパシーの技法のベースとなっています。従来の整体術のように「硬く縮んだ筋肉を引き伸ばしたり揉みほぐそうとするのではなく、強張りを緩めることで痛みや不調をとる」筋肉にとてもやさしい新しい整体術です。これまで常識とされてきた神経が痛みの原因という神経原因説から、新たに筋肉原因説の研究が進んでいます。ミオンパシーは痛みや不調の原因と思われる"筋肉"に直接アプローチする整体術です。

整形外科医も認めたミオンパシー

筋筋膜性疼痛症候群研究会(MPS研究会)の名誉会長の加茂淳先生も認めた整体法です。ミオンパシー創始者の松尾毅先生がMPS研究会の第一回会合にて実演施術した結果、「医者が認めた整体」というお墨付きをいただいたという経緯があります。しっかりとした理論に基づいた整体法だからこそ、本当に痛みをなくしてあげたいという善意の医師の賛同を得ることができました。

ミオンパシーとの出会いで変わった腰痛への考え方

「腹筋を鍛えるとぎっくり腰になってしまうことをご存知ですか?」

私は、28歳の時、突然ひどいぎっくり腰になってしまいました。3日間は寝たきりでやっとのことで整形外科に通い診察を受けました。そこでの診断は椎間板ヘルニア。それ以来、約15年間は突発的な腰痛、数回のぎっくり腰に悩まされつづけました。原因は幼少期から野球やサッカーをしてきたことだと言われ大きなショックを受けました。治療のために、スポーツ整形の名医を頼る、牽引などの物理療法、ストレッチや腹筋強化のための筋肉トレーニングなど腰痛改善に効果があるとされるものはほとんど試しましたが納得できる効果はえられませんでした。完全なる「腰痛難民」でした。

43歳の時、まだ1歳の幼い我が子を膝に抱っこしながらふと体を起こしたら、その瞬間にまたあのぎっくり腰が再発しました。いてもたってもいられない状況で、偶然インターネットで見つけた「いぎあ☆すてーしょん」という整体サロンでおこなっていたミオンパシーという新しい整体法に出会いました。東京にたった1店舗しかないそのミオンパシーサロンがたまたま自宅の近所にあり、とても深い縁を感じてすぐに駆け込みました。最初の施術で今までの腰痛に対する固定観念が疑問に変わりました。本当に思考の180度方向転換でした。隔週で通院していくうちに身体全体の筋肉がやわらかくなっていき可動域が確実に変化していくのがわかりました。1年も経つと身体がすっかり楽になり、この施術法を同じような痛みに悩まされている多くの人たちに知ってもらいたいと思うようになりました。

慢性痛を患っていらっしゃる方なら実感があるかと思いますが、「痛みへの不安やストレス」、「痛みからくる苛立ち」、「時として襲ってくる絶望感」には際限がありません。しかし、私は、ミオンパシーとの出会いでこうしたネガティブなメンタル面がみるみる快方に向っていくのを体感できました。体の原理原則を知ると「痛みの原因は自分を守るための本能」、「痛みは和らぐ」、「痛みと向き合う」というポジティブな考えに変わり、自然と日々の生活の中で笑顔が増えていきました。

ミオンパシーの本質は「人間のもつ自然治癒力」に着眼した誰でも実践できる健康法ということです。ミオンパシーには自分自身でおこなえるセルフ整体法もあるので、その指導者となるためにセルフミオンパシーインストラクターの資格を取得しました。セルフミオンパシー教室を開催するようになってから気づいたことがあります。それは習慣化の難しさです。セルフミオンパシー体験が劇的なものであっても、なかなか習慣化するのは難しいので、また「筋肉のロック(拘縮)」が起こり痛みを再発する人が散見されました。快方の速度と確度を上げるためにはどうしたらいいのか?たどり着いた結論が「プロのミオンパシーセラピストの施術と自身でおこなうセルフミオンパシーのコラボレーション」でした。

プロのミオンパシーセラピストの施術を受け、筋肉のリセットとともに体の状態をチェックしてもらう。日々の生活の中でセルフミオンパシーを取り入れ、ロックしやすい筋肉のメインテナンスをする。定期的にミオンパシーセラピストの施術を受けて改善の実感を得る。セルフミオンパシーを習慣化し、「筋肉のロック」の全解除を目指す。このサイクルが「痛みからの解放」の最短で合理的な答えだと確信し、この度ミオンパシーサロンUROOM(ゆーるーむ)を開業することにいたしました。

みなさまもぜひミオンパシーを体験してみてください。本当に目から鱗の健康法です。けっして痛くありませんし、難しくもありません。でも、効果は抜群のBest Wayだと確信しています。「のんびり、やさしく、ゆるめましょう」が合言葉です。そしてご自身だけではなく、ご自身の周りの大切な人にも教えてあげてください。みなさまの生涯にわたる心身の健康を心よりお祈りしております。

續池 均(つづいけ きん)

ミオンパシーサロンUROOMディレクター
セブンシーズ・アンド・パートナーズ株式会社代表取締役

大学卒業後、食品メーカーに7年勤務し、ITベンチャー企業へ転職。2005年12月に事業管掌役員として東京証券取引所マザーズ市場に上場を果たす。その後、独立起業し現在に至る。28歳のとき、趣味のサッカーで椎間板ヘルニアを発症し15年近く腰痛に悩まされる。2013年秋に偶然出会ったミオンパシーサロン「いぎあ☆すてーしょん」にて数回の施術を受け、自身の腰痛が劇的に改善したことによりミオンパシーに深い感銘を受ける。その後、2014年12月にミオンパシー協会認定セルフ整体インストラクターの資格取得。現在は、三児の父として育児のかたわらボランティアで「小学生低学年および園児向けサッカー教室」の運営や「学生の就職活動支援カウンセリング」など社会起業家として活動している。「ミオンパシーは、人々の痛みを癒し笑顔にすることができる」という理念に共感し、社会貢献の一環としてミオンパシーサロンUROOMを開業。

ミオンパシーサロンUROOMは、大阪で20年間にわたり多くのお客様の症状を
改善してきた「いぎあ☆すてーしょん」の姉妹店です

いぎあすてーしょん白金台店院長
鮎川史園 (あゆかわ しおん)
こんにちは。「いぎあ☆すてーしょん白金台」院長、ミオンパシーサロンUROOM最高技術アドバイザーの鮎川です。世田谷成城、調布にお住いのみなさん、本当にお待たせいたしました。今まではミオンパシーを受けるために、わざわざ白金台までお越しいただいていましたが、ようやく調布市仙川でもミオンパシーを受けることができるようになりました。今回姉妹店出店に当たりまして、今までにない新しい取り組みをしております。いくつか例を挙げますと、重度の症状の方の施術レポートを私どもと共有することにより、多少難しいケースであっても施術のサポートがいつでもできるようになりました。また、共有される施術レポートの情報をベースに、各セラピストに今後より必要になる技術を習得できるカリキュラムを作成して定期的に研修を行っていきます。こちらの研修は、「いぎあ☆すてーしょん」関東のエリアの全スタッフが参加する研修と共同で行いますので、「いぎあ☆すてーしょん」で受ける施術と同等の施術をミオンパシーサロンUROOMでも受けることができます。ぜひご利用ください。
いぎあ☆すてーしょん副代表、ミオンパシーサロン「いぎあ☆すてーしょん白金台」院長。一般社団法人ミオンパシー協会代表理事、セルフ整体マスターインストラクター。顧客にはJリーガーやマラソン選手をはじめスポーツ選手、医者、歌手など身体に対する意識の高い多数。セルフミオンパシーの第一人者。3年以上にわたるセルフミオンパシーの動画配信を通じて「痛みの原因となる筋肉を見つけ、90秒間緩めるという方法」を誰でも簡単に実践できるようにわかりやすく伝えている。著書多数。

ミオンパシー関連情報

書籍

WEBサイト

page top